エリア×得意分野で検索

×
  1. トップ  > 
  2. コラム一覧  > 
  3. オリジナルコラム > 
  4. 第二話 「本当の課題を知りたい」

第二話 「本当の課題を知りたい」

オリジナルコラム

2020/09/01

西条との面談を終えた田村はすぐに、面談記録の入力を始めた。

部署はクライアントコンサルティング部、肩書はコンサルタントで。。。



少し前までは名刺管理アプリで管理していたが、ZOOM面談では名刺交換ができない。

面談時にヒアリングして、その後手入力だ。四半期のアワード受賞・・・・。



ゆっくりと、保存ボタンを押し、田村はそっと入力画面を閉じた。

一息つくような気持ちで、キャリアコンサルタントとして登録しているサイトを開く。

すると、掲示板に新しいメッセージが投稿されていた。






「初めて書き込みをします。

同僚への対応についての相談です。

私は医薬品メーカーでドラッグストア向け営業のチームリーダーをしています。

業務内容は担当するドラッグストアの本部にプロモーション企画を提案、採用後は実際に店舗に立ち、サンプルなどを配り販売促進をしていくものです。

しばらく対面業務は自粛していましたが、緊急事態宣言解除に伴い、通常の業務に戻しているところです。

しかし、同僚はお子さんの学校がまだ再開していないことを理由に、店頭での販売促進活動に加わることに難色を示します。

事情はわかりますが、学校再開はいつになるか分かりませんし、業績は早く上げていかないといけません。

パワハラにならずに同僚を従前の業務に戻すには、どのようにしたらよいでしょうか?よろしくお願いします。」





礼儀正しい文面と、業績へのコミット。

責任感ある人物に違いない。



それにしても、本来上司に相談すべき問題を、なぜここに投稿したのか?

きっと問題は別のところにあるはずだ。

田村は、投稿された書き込みからそのように推測した。





まずは、話をきいてみたいと考えた。



「チームリーダーとのことですので、優先的地位に該当すると考えられます。

おっしゃるようにパワハラへの配慮が必要です。

パワハラは次の3つの条件を満たした場合に認定されます・・・・」



と書き始め、部署の目的や課題に関連づける範囲での依頼を、1対1で直接伝えるようアドバイスした。

最後によかったら連絡してほしいと明記、回答を登録した。




システム上、大変スムーズなやり取りであったが、田村は何かが胸につかえていた。

表面的なHOW TOのみの回答しかできなかったが、本当に解決すべき課題は何だろうか。



祈るような気持ちで、先方からの連絡を待つことになった。





田村の心配は杞憂に終わった。






翌日、掲示板の投稿者からのメールを受信していた。

送信者は、大手製薬会社勤務 山口美恵とあった。



そしてもう一通。

昨日ZOOMで面談をした西条が、宿題にしていたレジュメを添付してメールを送ってきていた。


(続く)


ストーリー:かみきち
イラスト:みむら

この記事の関連記事