エリア×得意分野で検索

×
  1. ワークライフキャリアナビトップページ > 
  2. 回答済みQ&A > 
  3. 転職 > 
  4. 27歳から自衛隊に入りたいですが、その後について

転職

27歳から自衛隊に入りたいですが、その後について

27歳会社員です。
自衛隊に行きたいと考えているのですが、任期満了後が心配です。
自衛隊あがりで入れる仕事にはどのようなものがあるのでしょうか。年齢も含め不安です。

ID:5 投稿日:2021/02/28 10:19:26 投稿:松本

違反報告

回答

回答数 4

海老澤 宏

海老澤 宏

所属 株式会社キャリアゲート
住所 東京都中央区銀座7-13-6 サガミビル2階
TEL 070-4289-2516

以前、自衛隊あがりの方の同僚がいました。
その方は自衛隊に入る前、エンジニアだったのでそのままエンジニアになっていました。
その方のように自衛隊に入隊する前のキャリアを生かすことは可能だと思います。

会社によっては未経験から大丈夫な職種も出始めています。
とはいえ、コロナで求人はとても減りました。減った分はこの未経験の分が減ったと言われています。
ですので、今後どのような状況になるのかは見えませんが、コロナ禍で企業側もポテンシャル採用をしなくなったので、正直コロナの前のように求人が潤沢になることはないように思います。

自衛隊上がりで入れる仕事の前に、今なぜ自衛隊に入ろうと思われているのか気になります。
任期満了後、年齢含め不安なのにそれでも自衛隊に入隊したいということを考えさせる気持ちは何でしょうか?
入隊する前に、一度しっかり自分自身と向き合ってからが良いと思います。
実際にお話をしてみないとわからないこともあるので、キャリアカウンセラーにお話を聞いてもらうことをお勧めいたします。

ID:A20210228212701 投稿日:2021/02/28 21:27:01

違反報告
[B-BNAME]

[B-BNAME]

所属 キャリア&ライフプラントータルサポート
住所 埼玉県さいたま市北区東大成町1-423 さくらヴィレッジ707
TEL 09039038408

自衛隊に行きたいと考えているのですが、任期満了後が年齢の面も含めご心配やご不安があるのですね。
それは、定年退職時の年齢が民間企業に比べ若いからでしょうか?

確かに民間企業の定年年齢の65歳などと比較し、自衛官の定年退職の年齢は階級により54~57歳なのでこの点に不安を感じられていらっしゃるのだと思います。

自衛隊法第65条の11第5項の規定に基づく自衛隊員の再就職状況の報告にあるように自衛官の方の再就職先もその方のキャリアにより様々です。
<ご参考>
https://www.mod.go.jp/j/proceed/saishushoku/kohyo.html

定年後の不安を軽減するためにも下記のことを検討してみて頂ければと思います。

1.何故自衛官になりたいと考えているのか?自分自身のどのような強みを活かしたいと思っているのか?
2.(陸上自衛隊、海上自衛隊、航空自衛隊のどの部隊に入隊するかにより任務の内容もそれぞれ違うかと思いますが)自分自身の意思(希望)によりどのようなキャリアを積んでいくのか?
3.30代、40代、定年時のなりたい自分の姿は?

大切なことは、自己棚卸をしっかり行い、20代の頃から将来のなりたい姿を想像しながら、かつその時々の状況に柔軟に対応しながら、目の前の業務に真剣に取組むことにより経験、スキル、人脈を築き上げていくことだと思います。

それらを積み重ねていくことによって得られたものを、定年時にしっかり自己棚卸をすることにより自己の強みが明確になり定年時の転職・再就職の可能性が拡がるかと思います。

一度検討してみてください。
応援しています!!

ID:A20210303005246 投稿日:2021/03/03 00:52:46

違反報告
セグパパ・​勢口(せぐち)

セグパパ・​勢口(せぐち)

所属 株式会社Athena
住所 埼玉県和光市本町31-8-210 210
TEL 08040521867

松本さん

なるほど~、自衛隊に入りたいけれど、
任期満了後の仕事のことを心配されているんですね。

入隊前に、任期満了後のことも今から考えておられるとは、
将来のことを見据えて取り組もうとされており、その姿勢は素晴らしいですね。

ところで、仕事がどんなものがあるかというご質問に答える前に
下記を確認させていただきたいのですが、よろしいでしょうか?

というのは、単にご質問点だけにお答えするだけでは、
真に松本さんが望んでおられるものを手に入れていただけるかどうかがわからないので、
松本さんが真に望んでおられることを確認しながら、お話を進めていきたいからなんです。

では、現在、会社員とのことですが、そのある意味で安定している身分を捨てて、
「どうして」自衛隊に行きたいと考えておられるのでしょうか?

自衛官は防衛省の自衛隊に所属する特別職の国家公務員ですので、
安定性という意味ではさらに安定度が増すと思いますが、
自衛隊で勤めを続けられるわけではなく、辞めることが前提なんですよね。

とすれば、何を求めて、どうして自衛隊に入りたいと思われているのか?

また、どうして、再就職しようと思われているのか、
経済的理由なのでしょうか?
そこをしっかりと確認させていただきたいのです。

でないと、再就職される場合でも、松本さんが何を求めて、どうなりたくて
どんな生活設計をされていきたいのかをお聞きしないと、
「○○や△△という仕事がありますよ~、こんな仕事がありますよ~」と
軽々には仕事の紹介だけをしたくはないのです。

また、「年齢も含めて不安」とのことですが「27歳という年齢」は
人生100年時代としては後まだ、73年もありますので
しっかりと老後のことまで考えて、
納得がいく人生をお送りいただきたく
上記の質問に対して、再度、お考えいただいた上で
改めてご相談いただければと思います。

松本さんが、悔いのない人生を歩んでいただけるように
少しでもお手伝いできればと思っております。

ID:A20210316161542 投稿日:2021/03/16 16:15:42

違反報告
上村 隆

上村 隆

所属 ◆フリーランス『うえむら』
住所 大阪府吹田市西御旅町8-1
TEL 090-4499-3612

松本 さんへ
自衛隊には除隊時の再就職支援の道筋が用意されています。
各地方本部毎に、再就職のための事前準備訓練講座が設けられております。
例えば、パソコン操作や面接対策や履歴書・職務経歴書作成などがあります。
再就職支援窓口にはいろんな企業からの求人も来ています。規律正しい人材を求める企業が多いです。
一番多いのは警備会社です。
自衛隊にいる時からいろんな資格を取得する機会が多くありますので、特殊車運転免許、電機関係取り扱い資格、化学系資格など、その資格を利用して再就職される方も多いです。
私の知り合いは、子供のころからの夢のパイロットになりたくて航空自衛隊に入り資格取得後、民間航空会社のパイロットに再就職されました(パイロットになるための最も安価なルートです)。
自衛隊という組織は、特別な組織です。その中でほとんどの物事が完結するようになっているので多種多様な仕事があります。医療機関もあります。物資調達機関もあります。広報機関もあります。
次の人生プランを見据えて、自衛隊に入り新たな道へ踏み出す方も多いです。
自衛隊募集窓口に相談されると、丁寧に応対されますので、その窓口へ問い合わせることをお勧めです。
【私も、自衛隊の再就職支援の講座セミナーの講師を2年間経験していました】
追伸:自衛隊情報月刊誌「MAMOR」発行 扶桑社 があります。丸善など大型書店にあります。

ID:A20220322133624 投稿日:2022/03/22 13:36:24

違反報告

この質問に回答する

投稿者

※キャリアカウンセラーとして回答を登録する方はログインしてから回答を投稿してください。

質問への回答

※投稿前に必ず、利用の注意点・利用規約をご一読ください。